タチイヌノフグリ

タチイヌノフグリ オオバコ科

タチイヌノフグリCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO100) at 13:39 on 2018/04/22

タチイヌノフグリ。
シソ目オオバコ科クワガタソウ属。

ヨーロッパからアフリカが原産の帰化植物。日本には明治時代に伝わったそうです。

タチイヌノフグリCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/80 sec, ISO100) at 13:40 on 2018/04/22

花の直径は5mmないくらい。とても小さな花です。

近縁種に「イヌノフグリ」「オオイヌノフグリ」があります。
「イヌノフグリ」は在来種で、絶滅危惧II類 (VU) に指定されています。

オオイヌノフグリとタチイヌノフグリの違い

「オオイヌノフグリ」と「タチイヌノフグリ」の違いは、

  • オオイヌノフグリ
    • 花の直径:1cmくらい
    • 茎の特徴:茎がまっすぐ立たない
    • 花柄が長い
  • タチイヌノフグリ
    • 花の直径:5mmくらい
    • 茎がまっすぐ立つ
    • 花柄が短い

「花柄(かへい)」とは、花を支える「茎(くき)」のことです。

こちら、オオイヌノフグリ。

オオイヌノフグリCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2, 1/1000 sec, ISO100) at 14:31 on 2018/03/04

茎がまっすぐ立っていません。花柄が長いです。

もう一方の、タチイヌノフグリ。

タチイヌノフグリCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO100) at 13:42 on 2018/04/22

茎がまっすぐ立ち、そこから短い花柄が出てきています。

同じような花ですが、よく見ると違うんです。

タチイヌノフグリCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/250 sec, ISO100) at 13:37 on 2018/04/22

小さい花のわりには背丈は意外に高く、10cm〜15cmくらいはありました。

タチイヌノフグリCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/320 sec, ISO100) at 13:37 on 2018/04/22

タチイヌノフグリCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO100) at 13:41 on 2018/04/22

60mmのマクロレンズで一番近寄っても、これくらいの大きさにしか撮れませんでした。